Profile

利光 玲奈    Rena Toshimitsu


埼玉県出身。ソプラノ歌手である母の影響により、幼い頃から音楽に親しんで育つ。

埼玉県立大宮光陵高校音楽科卒業。打楽器専攻としてクラシックの音楽教育を受ける。スネアドラム、マリンバを村本寛太郎氏、鷹羽香緒里氏に師事。


大学からジャズドラムに転向。洗足学園音楽大学ジャズコースに入学し、ジャズドラムを大坂昌彦氏、原大力氏に師事。学内のライブにて、向井滋春氏(tb)、エリック宮城氏(tp)、伊藤君子氏(vo)と共演。大学在学中に、六本木アルフィーや南青山ボディアンドソウル、銀座スウィングなどの老舗ジャズクラブに出演を果たす。


・2016年7月、石森管楽器創業65周年特別企画、Eric Alexander(ts) Jam Session Clinic With Special Guest Vincent Herring(as)にスペシャルサポートメンバーとして参加。

・2016年9月~2017年8月の1年間、埼玉蕨のジャズクラブ、アワデライトにて、現在渡米中のピアニスト・鈴木瑶子(pf)、大澤拓海(b)とハウスバンドを務める。

・2016年11月、世界的ピアニストである椎名豊(pf)氏のトリオに初参加。

・2018年3月、洗足音楽大学を首席で卒業。同時に卒業研究優秀者に選出される。

・同年5月、クラシックの祭典、ラフォルジュルネに出演を果たす。

・同年9月、タモリ氏の主催するヨットレース、タモリカップに初参加。マリンセーラーズでスネアドラムを演奏。

・2019年2月、話題を呼んだホリエモン万博に出演。

・2019年6月、オランダのConservatorium van Amsterdamで行われたKeep an eyes summer jazz workshopに参加。Tineke Postma氏(as)、John Riley氏(ds)、Dick Oatts氏(as)、Ben Van Gelder氏(as)等に指導を受ける。Amsterdam Blue Noteに出演。

・2019年10月公開の映画「駅までの道をおしえて」の劇中音楽を担当。


現在、中村誠一氏(ts)、谷口英治氏(cl)、大友義雄氏(as)、天野丘氏(gt)、田中菜緒子氏(pf)、岡崎正典氏(ts)などのバンドに加入。サイドメンだけでなく、自身のリーダーライブも定期的に開催しており、首都圏を中心に精力的に活動中。



これまでの共演歴(敬称略)

Vocal:CHAKA、YURIE、紗理


Front:大友義雄(as)、大井貴司(vib)、石崎忍(as)、岡崎正典(ts)、加納奈実(as,fl)、酒井麻生代(fl)、鈴木央紹(as)、高澤綾(tp)、多田誠司(as,fl)、谷口英治(cl)、中島朱葉(as)、中村誠一(ts)、原川誠司(as)、峰厚介(ts)、村田千紘(tp)、守谷美由貴(as)、山田拓児(as)、山本玲子(vib)、


Piano:井上祐一、遠藤征志、菊池太光、北島佳乃子、椎名豊、田窪寛之、田中菜緒子、山本剛、吉岡秀晃


Guitar:天野丘、有田純弘、田辺充邦、道下和彦


Bass:香川裕史、金森もとい、金子健、上村信、楠井五月、小杉敏、櫻井郁雄、佐藤ハチ恭彦、千北祐輔、中村健吾、古野光昭、本川悠平、安田幸司、Pat Glynn